【映画紹介】ネタバレあり・劇場版ポケットモンスター キミにきめた!の感想

2017年度の映画・劇場版ポケットモンスター キミにきめた! の殴り書きの感想です。
2017/08/18

映画ポケットモンスター キミにきめた! 感想 ネタバレあり

2017年7月15日公開の映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』を見てきました。
子供(4)は面白かった~と興奮して言っていました。
私のポケモンレベルは、少しやった程度です。
初期タイプの金銀くらいまでを適当にやりました。
テレビの初期のポケモンを少し見てことがある程度の男の感想になります。

【全体的に】

急くようにイベントがやってくる感じはあります。
矢継ぎ早に次へと展開していきます。
時間内に様々なテーマを入れ込むのは大変なんだろうなぁ。
できるだけ多くの感動を多くの人に。
感動を伝えるためには、たくさんを詰め込まないといけないのかも。
作成サイドの努力は私には伝わりました。
とにかく急ぐような感じもありつつも、子供向けの映画として
テンポが早く、飽きさせない作りになっており良かったです。

見所はたくさんありますが、自分は印象に残ったのは次です。
【1】ピカチュウ・サトシの絆
【2】失言
【3】サトシの成長
【4】捨てられたヒトカゲの成長。
他にもホウオウを求めて、進んで行く中で様々差し込まれているのですが、
とくに強く記憶に残りました。


【ピカチュウ・サトシの絆 / 始めはサトシに馴染まないピカチュウ】

オニスズメの群れに襲われ
体をはってピカチュウを守る、サトシ。
ピカチュウは、自分の主として、サトシを認めます。

サトシはポケモンとは主ではなく、上下はない友・パートナーであるといいます。
なんども言葉で伝えるし、姿勢でも表します。
ともに頂上を目指す仲間。
分かち合うのは当たり前。
何かあれば、絶対に守ってやる、助けてやる。
サトシの目に嘘はありません。
サトシはそこはぶれません。
サトシの有言実行の強い信念は涙ものでした。






【失言 / サトシの未熟さ・自分とダブる】

サトシはバトルに敗北し、口を滑らせてしまう場面があります。
ピカチューじゃなければ良かったのに。
サトシは反省して、そしてちゃんと気付きます。

人として何年かやってくれば
近い経験・似た場面に合ったことがあるのではないでしょうか。
私は「いらない」と言われたことがあります。
悔しさ、から見限り、目を離し、無視し、離れて、見返そうともしました。
自分が「いらない」といってしまったこともあります。
そばにいてくれる人はみんな去ってしまいました。
私も例外なく、その両方を経験している人間です。

それでも失敗を見逃してくれる人。
そばにいてくれる人。
ありがたさを思い出しているのかもしれない。
そういった体験に振り返ることがある私には、突き上げてくるものがありました。

変わらず声をかけてくれるピカチューにダブるわけです。
あんなに酷いこと言ったのに。
その変わらない、ありがたさを思い出していたのか
不意に涙してしまいました。
多分、私だけではなく、あるあるな苦い経験ではないでしょうか。
失敗はよく覚えているものですね。


【サトシの成長 / 初めての捕まえたポケモン!キャタピー!】

初めて捕まえ育て、初めての進化!
トランセルになった!超嬉しい!
進化を成長を。心から喜んだキャタピー!
そして、バタフリーにもなった。
もう最高の相棒。

そんなバタフリー。
オニドリル(鳥)に襲われる別のメスバタフリーに遭遇します。
助けるサトシのバタフリー!
鳥ポケモンとは虫ポケモンの天敵です。
でもサトシとのコンビネーション!必殺技炸裂!からの
オニドリルを追い返すことに成功!
やっぱり俺たちは最高!そうだろう?
ずっと友達だぜ!バタフリー!

このあたりも心が揺さぶるものがありました。
キャタピーは強いキャラじゃありません。
駆け出しのサトシにとってはピッタリで
そのコンビネーションはサトシ目線でキャタピーを見たり、キャタピー目線でサトシを見たりしました。
お互い、駆け出しの何か欠けた存在同士。
補い合うことで最高の体験を、成功を共有する。
最高の時間。そして、最高の時間は長く続かない。

バタフリーは助けたメスバタフリーと恋に落ちます。
そうかそうか。大きくなったもんなキャタピー!
いいともいいとも。応援するよ。
その後の別れを想像もしないサトシ。

森の抜けると、空一面のバタフリー。
バタフリーは南の島に行って子作りをする季節だそうです。
あ、あの時助けたメスバタフリーだ!
サトシのバタフリーも寄っていきます。
仲良いことはいいことだ!俺たちのように!
サトシの声が聞こえてくるようです。

…あれ?
俺のバタフリーも南の島にいくの??
ここでお別れ??もう?ここで?
そんな最高の俺たちはここで終わり??
いやだ…

バタフリーも理解しているような素振りです。
一度はメスバタフリーに寄せられても
サトシの元へ戻ってきます。
メスバタフリーよ、行くなら一人でいけ。
俺はサトシといるんだ。行きたくてもいけないんだ。
わかってくれ。バタフリーは言っているようなんです。

とっくにサトシは気づいています。
バタフリーにとって彼女といることは最高なんだと。
別れることは辛い。今は信じられないほど。
でも、俺が譲らなきゃダメだと。

サトシはバタフリーを送り出します。
最高の友達よ、行ってこいよ。
ありがとう、キャタピー。さようならキャタピー!
サトシとキャタピーの時間は突然に終わります。

これは一つの苦い恋愛の別れのようです。
いつまでも続くかに思えた楽しい時間、そして別れの時は突然やってくる。
それぞれの幸せため、それぞれの道のため。
二つの願いは一つしか叶えられない系です。
わかってはいるけど、
とにかくもう、俺はすげー寂しいよ、キャタピー!
と言ってないけど、私はそう思い、また涙しました。



posted by よりよい生活に向けて取り組む委員会 | 映画ポケットモンスター キミにきめた! 感想 ネタバレあり